Curriculum

Screen Shot 2018-08-14 at 10.17.57 AM
IPC logo
IMYC logo

Hope International Academy has chosen the following curricula based on the 3-R’s: Rigor, Relevance and Relationship. Rigor encourages our students to think critically, creatively, and more flexibly. Relevance connects goals, interests, and cultural understandings of our students (personal relevance) and connects in some way to real-world topics, problems, and situations (life relevance) with what is taught at Hope International Academy. Relationships are fostered within our school, family and community. These relationships provide a positive impact on academic and social development.

ホープインターナショナルアカデミーは、3R:厳格性(Rigor)、関連性(Relevance)、関係性(Relationship)に基づいて、次のカリキュラムを選びました。厳格性は,批判的思考、創造的思考そして柔軟な思考を当校生徒に奨励します。関連性は、ホープインターナショナルアカデミーで教わった経験を生かし、当校生徒の目標、関心、文化的理解(個人の関連性)を、現実世界のテーマ、問題、状況(生活の関連性)にある方法で結び付けます。関係性は学校、家庭、コミュニティ内で育まれます。このような関係性は、学業や社会性の成長において良い影響を与えます。

English Language Arts 英語科目

Hope International Academy have adopted the U.S. Common Core State Standards for English language arts for our elementary division. Hope International Academy has adopted these standards because:

ホープインターナショナルアカデミーでは、英語科目の全州共有基礎基準を当校の初等部門に採用しております。ホープインターナショナルアカデミーが本基準を採用した理由は以下の通りです。

English language arts CCSS:

  • are rigorous and relevant.
  • set our goals for teaching and learning aspects of the English language.
  • include an extensive list of skills and sub-skills at an appropriate grade level.
  • informs teachers to our students’ needs.
  • the assessments are aligned with our desired student outcomes.

英語科目CCSS

  • 厳格で実際的
  • 英語の授業と学習面に対する当校の目標を設定する
  • 適切な学年レベルでの広範囲の副次的能力及び技能取得を含む
  • 当校生徒のニーズに合わせることを教師に伝える
  • 評価は当校が望む生徒の成果と整合される

Singapore Maths シンガポール式算数

Singapore Maths:

  • are very rigorous, reteachable and relevant.
  • emphasizes the integration of concepts and skills;
  • create a strong foundation in maths.
  • have the core components adopted – the concrete-pictorial-abstract approach in the presentation of mathematical concepts, skills, and problem-solving strategies.
  • incorporate the same approach throughout grade-levels – beginning with concrete, then to pictorial, then to abstract.

シンガポール式算数:

  • 極めて厳格で、教えやすく、実際的
  • 概念との統合化を重要視する
  • 数学の強固な基礎を作る
  • 数学の概念、技能、問題解決戦略の表現で、具体化ビジュアル化概念化アプローチを採用した基本的要素を持つ
  • 具体化から始まり、ビジュアル化、そして概念化まで、全学年レベルを通じて同一アプローチを取り入れる

International Primary Curriculum 国際初等カリキュラム(IPC)  

International Middle Years Curriculum 国際中等カリキュラム (IMYC)

Language Arts, Mathematics, Science, ICT & Computing, Technology, History, Geography, Music, Physical Education, Art and Society

言語、数学、理科、ICTとコンピューティング、テクノロジー、歴史、地理、音楽、体育、芸術、および社会

IPC/IMYC:

  • is the intentional interdisciplinary approach to learning where the curriculum is coupled with real world project-based learning.
  • is flexible and can be adapted to students’ interests and level of understanding.
  • It can be integrated with other curriculum in a creative and engaging way.
  • it offers simple but structured curriculum focused around subject, personal and international learning goals.
  • creates a partnership with parents with learning, in the classroom and at home.
  • assessments help engage students with learning, and understand their level of skills and knowledge.
  • encourages collaboration and reflection not just between teachers and pupils, but amongst teachers within the school and worldwide.
  • is a comprehensive, thematic, creative, with a clear process of learning and specific learning goals for every subject.
  • develops international mindedness and encourages personal learning.
  • カリキュラムが現実世界のプロジェクトを基本とした学習と結合した国際的、そして 学際的な学習アプローチです。
  • 柔軟で生徒の関心と理解度に適合させることができます。
  • 創造的で魅力ある方法で、他のカリキュラムに組み込むことができます。
  • 科目、個人、国際的な学習目標を中心の目的を持った簡潔で構造的なカリキュラムを提供します。
  • 学習において学校ではクラスの友人、また家庭では親との協力関係が生まれます。
  • 評価で生徒を学習に引き込み、自分の技能と知識のレベル理解に役立ちます。
  • 生徒と教師間だけでなく、学校と世界の教師達との共同作業と振り返りを奨励します。
  • 総合的で、主題的、創造的、そして全科目の学習プロセスが明確で、しっかりとした学習目標があります。
  • 国際的な見解を育成し、個人での学習を奨励します。